家庭の排水管の水漏れの予備知識

家庭の排水管の水漏れの予備知識 家庭において排水管は、なくてはならない水まわりの設備のひとつです。これは汚水や雨水などを排出するための管で、家の中や敷地内の各所にあります。この排水管が、何らかの要因で水漏れのトラブルを起こすことがあります。水道を使った後にぽたぽたと水の落ちる音がする、床が濡れているなどの状態は、すでにトラブルが起こっているとも考えられます。
普段の生活の中で排水管を意識する機会がなかなかないため、ある日突然水が漏れていると分かると、途端に焦って間違った対処をしてしまいがちです。どうしたらよいか分からずに焦ることがないように、正しい知識を身につけておきましょう。ここでは、排水管があって水漏れが発生しやすい場所や主な原因、水漏れを発見した際に取るべき行動をご紹介しますので、参考にしてください。

■排水管 水漏れが発生しやすい場所

排水管は生活で出た排水を流す設備ですので、家の中のあらゆる水まわりに存在します。洗面台や台所のシンク下の扉を開けたところにあるものが分かりやすいでしょう。そのほかにも、トイレや洗濯機まわりに備えられています。
排水管は普段目に付かない場所にあるため、少量の水漏れの場合にはなかなか気づきにくい恐れがあります。水が漏れているのに気づかず放置すると、家具や家電を濡らしてしまうほか、床、階下の部屋にまで浸水する可能性もあり、危険です。目につかない場所だからこそ、日ごろから掃除のついでに目視で確認するなど、異常がないかチェックする習慣を身につけましょう。

■原因はさまざま
トラブルの原因は、さまざまなものが考えられます。特に多い原因といわれているのが、経年劣化によるものです。経年劣化では、管自体の劣化やゴムパッキンやナットなどの各パーツの劣化が挙げられます。
何らかの原因で衝撃が加わった場合、例えば地震が起こると強い負荷がかかって歪みや破損の原因となり、水の流れが悪くなったり水が漏れたりと、うまく機能しなくなる場合があります。また、使う内にだんだんと接続部分に使われているパーツが緩むことで、緩んだ場所から水が漏れ出すケースもあります。
長年掃除をしていないと、管の中に汚れが蓄積されます。その結果、つまりを起こしてうまく排水できずに水漏れが起こる原因になります。

■排水管 水漏れを発見した際に取るべき行動

水漏れを発見したら、問題のある場所の水道の使用を直ちに中止し、それ以上水が流れないようにします。特に台所やトイレの排水管は、汚れにより悪臭の被害が広がる恐れがありますので、無理して使い続けないようにしましょう。
漏れた水が床に広がっている場合は、いらないタオルや雑巾を周囲に敷き詰めて水を吸わせます。ビニールシートを敷き詰めて保護する方法もあります。家具や家電が周囲にあれば、水が届かない場所へ移動させましょう。
水が漏れてきている場所を目視で観察し、問題の場所を特定します。他の要因での水濡れ、例えば加湿器のような、水が入っている電化製品から水が漏れたにもかかわらず排水管からの水漏れだと勘違いする可能性がありますので、よく観察しましょう。ただし、壁や地面に埋まっている場合では目に見えないこともあります。

■まとめ
市販のパテや防水テープを使って自分で修理する方法もありますが、経験のない人がむやみに修理に手を出すと、完全に直せず失敗したり、場合によってはさらに症状が悪化したりすることもありますので、自信がない人は避けた方が良いでしょう。良心的な価格で素早く修理してくれる業者がありますので、プロに任せるのが無難です。水道の使用を中止したりタオルを敷き詰めたりといった応急処置が終わったら、業者が来る前に、この記事で記載した水漏れしやすい場所や原因をチェックしておき、修理箇所のめどを立てておくとスムーズです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース